家族の役割 母犠牲者と弟問題児と私ヒーロー〈アダルトチルドレン〉

アダルトチルドレン克服のために自分と向き合っているかたへのシェア

大家族石さんちの、思春期との母との闘い、どこか尊敬してしまう。

反抗期のうちの弟との戦い、うちのママも頑張ってたなーって思うのか、なぜか私ちょっぴりうるっとする

そのとき反抗期の弟見てて辛かったってのもあった。

だいっきらいだったし。

なぜって、好き勝手やって見える弟がうらやましかったから

家族ふりまわさないでよっていう思いもあった

心理学的には家族の問題を弟が引き受けただけだった!?

それが心理学を学んでみたら、

弟が家族の問題を背負い込もうとしてたなんて。

 

他の家族が自分自身の問題を見なくてすむように・・・

そのとおりだと思った。私、自分自身の問題に目をやってなかった。

家族のヒーローは問題児と正論で戦ってしまう

そして家族のヒーロー的存在の私は、

問題児の弟をなんとかしていない存在に、

切ろう切ろうとしていたことを認める

問題児とは、周りが自分自身の問題として受け入れて彼と向き合っていくこと。

すると家族全体で成長していける。

んー当時はそれができてなかったよね。。。

それでも母だけはマジで面と向かって最後まで向き合ってたと思う

(母は家族の役割・犠牲者・お世話役

自分のことは後回し。我慢ばっかり。(だったね。今は自分に意識向けて変わっていった))


向き合い方尊敬します!!!

だから石田さんちのかぁちゃん好きです

大家族って他にもある中、

その中でも石田さんちが人気なのは

結構ドタゴタ問題が起こってるからではないでしょうか。

 

みんなそれぞれ何かしら家庭の悩みを抱えてたりするから、どこか共感できたりするような感覚。

人は目の前の人に誰かしらを被せて見てしまっている〈投影〉

石田さんちって、人数多いからいろんなキャラいるし、誰かしらに自分被せて見たり

自分の兄弟と似てるなーって見てたりするんじゃないの? <投影>

そこがたまらない!

よくカウンセリングに来られた方が

たいしたことじゃないから聞いてもらうのもちょっと。。。

って言ったり、

逆にこんなうまくいってない家庭ないですよね。ひどすぎません?

って言ってくる方がいるんだけど

みんな何かしら悩んでいたりする

意外と悩みなんてなさそうな家庭に限っておっきなのあるもんだったりする。

でもそういう人に限って、

「とくに悩みとかはない」って言っちゃったりする。


最初は、家庭内のことを人に話すことに抵抗がある人もいると思う

でも一回だれかに話してみて受け入れてもらうと、

その抵抗感は薄れてくる

そしてたいしたことじゃないかも、と思えてきて

出来事との向き合い方もそれだけで変わったりすることもある

だからとりあえず話してみるだけでも意味があったりするのかもしれません。

 

カウンセリングのお申込みはコチラ
初めての方は、まずは初回カウンセリングにお申込みください。初回カウンセリングは、1回90分12000円です。
お電話でのご予約・お申込み・お問い合わせは
080-7497-0809
<完全予約制>
受付時間8:00~20:00
20時以降も相談可

カウンセリング中は電話に出れないことがあります。着信頂いたお電話番号に折り返しご連絡させていただきます。
 

ご予約フォーム・LINEからのお申込み・お問い合わせは


アダルトチルドレンのお悩み、なかなか上手くいかない恋愛のご相談を受け付けています。 対面カウンセリングは、茨城県稲敷郡阿見町のカウンセリングルームで行っています。電話・LINE通話でのカウンセリングは全国対応しています。初めての方は、初回カウンセリング90分をご利用ください。一人で悩まずご相談ください。